06-4865-7028
対応時間
平日 9時~17時00分
定休日
土・日・祝日

相続税の基礎控除額はいくら?ケース別に計算例を挙げて解説/井関孝之税理士事務所

井関孝之税理士事務所|大阪府豊中市 > 相続 > 相続税の基礎控除額はいくら?ケース別に計算例を挙げて解説

相続税の基礎控除額はいくら?ケース別に計算例を挙げて解説

税金の多くは、課税対象となる金額が基礎控除額以下であれば納付額が発生しません。相続税においても同じことがいえます。遺産の大きさと相続税に関する基礎控除の大きさを比較し、基礎控除の方が大きな場合は相続税を納付する必要がありません。
ただ、「相続税についての基礎控除額は〇〇万円」などと常に一定で定まっておらず、状況に応じて基礎控除額が変動します。

 

そこで基礎控除額の計算方法について当記事で解説していくのですが、より具体的なイメージが掴めるよう、ケース別に具体例を挙げて説明していきます。

 

 

 遺産に係る基礎控除額の計算方法

相続税法第15条第1項に、遺産に係る基礎控除についての規定が定められています。

 

同条項の内容を計算式で表すと、次のように示すことができます。

 

遺産に係る基礎控除額 = 3,000万円+(600万円×法定相続人の数)

 

3,000万円を基準とし、法定相続人の数に応じて控除額が増額されていく仕組みになっています。大きな遺産があっても、法定相続人の数が多ければ相続税が課税されない場合があるということです。

 

 

基礎控除額の計算例

上記の計算式に従い、基礎控除額の具体的な計算例を示していきます。

 

 

唯一の相続人が遺産を取得するケース

まずは「唯一の相続人が遺産を取得するケース」における基礎控除額の計算例を示します。

 

法定相続人がその被相続人の子どもしかいない場合など、“法定相続人の数が1人”というケースもあります。

 

例えばある夫婦とその子ども1人がいたとしましょう。
先に父親が亡くなると、残された家族は母親と子どもの2人です。この状況で母親が亡くなると、母親を被相続人とする相続において、法定相続人は子どもだけになります。

 

子どものいない夫婦の一方が亡くなったときも、配偶者が唯一の相続人となることがあります。ただし被相続人の親や兄弟姉妹がいる場合には、配偶者とそれらの者が共同相続人となることもあります。

 

いずれにしろ、法定相続人が1人しかいないときの基礎控除額は次のように求まります。

 

<唯一の相続人が遺産を取得するケース>

遺産に係る基礎控除額 = 3,000万円+(600万円×1人)

           = 3,600万円

 

 

共同相続人がいるケース

次に、「共同相続人がいるケース」における基礎控除額の計算例を示します。

 

例えば夫婦とその子ども1人がいる家庭において父親が亡くなると、配偶者とその子どもが法定相続人になり、母親と子どもが共同相続人になります。
子どもが複数いたとしても同じです。その分共同相続人が増えます。

 

夫婦間に子どもがいないときでも、亡くなった方の親が存命の場合、配偶者と親が共同相続人になります。また、被相続人の親や祖父母がいない場合、配偶者と被相続人の兄弟姉妹が共同相続人となります。

 

共同相続人になる者は状況により異なりますが、基礎控除の計算において着目されるのは“人数”です。どんな人物か、といったことは関係ありません。親であろうと兄弟姉妹であろうと、同じ1人としてカウントします。

 

そこで次のように基礎控除額を求めることができます。

 

2人で共同相続するケース>

遺産に係る基礎控除額 = 3,000万円+(600万円×2人)

           = 4,200万円

 

3人で共同相続するケース>

遺産に係る基礎控除額 = 3,000万円+(600万円×3人)

           = 4,800万円

 

5人で共同相続するケース>

遺産に係る基礎控除額 = 3,000万円+(600万円×5人)

           = 6,000万円

 

法定相続人の数が増えるほど税負担は軽くなっていくことがわかります。

 

 

遺贈で遺産を取得したケース

被相続人が生前に遺言書を作成しており、「現金1,000万円は友人Aに譲る」といった遺言が記されていた場合、法定相続人以外の人物が遺産を取得することも可能です。
これを「遺贈」と呼びます。

 

そして遺贈により遺産を取得する者(「受遺者」といいます)についても相続税は課税されます。

 

基礎控除額についてはここまでの説明と同様に計算することができますが、受遺者が法定相続人以外の者である場合、法定相続人の数には算入されず、法定相続人が1人なら3,600万円。法定相続人が3人なら4,800万円の基礎控除額となります。

 

法定相続人が誰もいない可能性もあります。その場合は、次のように基礎控除額を求めることができます。

 

<法定相続人がいない場合の遺贈>

遺産に係る基礎控除額 = 3,000万円+(600万円×0人)

           = 3,000万円

 

前述の通り、受遺者は遺産を取得できたとしても、法定相続人にはなりません。そのためこのときは最低額の3,000万円が適用されます。

 

 

相続放棄をした者がいるケース

相続人の数が減ることもあります。

 

法定相続人は相続することが義務付けられるわけではなく、その権利や義務を放棄することも認められているからです。「相続放棄の申述」の手続を家庭裁判所に行うことで、当該人物は“はじめから相続人ではなかった”という扱いになります。

 

子どもたち5人だけで共同相続をする場面を考えてみます。
金銭にして1億円の遺産がある場合、法定相続分に従って遺産分割すると、各々2,000万円を取得することになります。しかし1人が相続放棄をした場合、残りの4人で分割することになり、1人当たり2,500万円を相続することになります。

 

このように相続放棄は他の相続人にも影響を与えるのですが、基礎控除額の計算においては、相続の放棄は無かったものとして計算します。

 

上の例で考えると、相続放棄の影響を受けて法定相続人4人で計算するとなれば、基礎控除額は5,400万円になってしまいます。
しかしながら相続放棄をする前の法定相続人の数で計算しますので、基礎控除額は6,000万円です。

 

 

相続人の中に養子がいるケース

法定相続人には順位があり、子どもは第1順位で法定相続人となり、被相続人の親又は祖父母などは第2順位、兄弟姉妹は第3順位となっています。

 

子どもの数が多いほど法定相続人の数も増えますので、人数に応じて相続税の負担を軽くすることができます。

 

ただ、養子に関しては無制限にカウントできるわけではないため、要注意です。
“実子がいるときは養子1人まで”、“実子がいないときは養子2人まで”という制限があります。

 

<実子2人と養子2人がいるケース>

遺産に係る基礎控除額 = 3,000万円+(600万円×3人)※実子2人+養子1人で計算

           = 4,800万円

 

<実子0人と養子4人がいるケース>

遺産に係る基礎控除額 = 3,000万円+(600万円×2人)※実子0人+養子2人で計算

           = 4,200万円

 

 

代襲相続が起こるケース

法定相続人となるはずの人物が、相続開始時点ですでに亡くなっていることもあります。そのとき、当該人物に子どもがいる場合、“代襲相続”が起こることになります。

 

例えばある被相続人とその配偶者A、子どもBと子どもCがいる状況を考えてみましょう。このときの相続ではABCが法定相続人になります。
しかし相続開始より前にCが亡くなっていたとしましょう。そうするとABのみが法定相続人になるのですが、Cに子どもXがいる場合、代襲相続が起こります。

 

Cの立場をXが代襲し、A・B・Xの共同相続となります。
Cの子どもがXとYの2人いる場合、A・B・X・Yの共同相続になります。

 

基礎控除額の計算においても考慮されますので、代襲相続人の数が多いとその分控除できる額も増えます。

 

 

相続税の手続は税理士に依頼

遺産に係る基礎控除の計算式は見ての通り単純で、法定相続人の数を当てはめるだけで控除額を求めることができます。

 

しかし、基礎控除の適用までにしないといけないことがたくさんあります。

 

まずは「法定相続人の確定」です。
被相続人の戸籍を取得し、その内容を読み取り、法定相続人となる人物を正確に把握しないといけません。

 

「遺産の調査」も欠かせません。
遺産の内容を調べ、その総額を明らかにしていく作業を進めます。被相続人が持っていた現金や預貯金、不動産、有価証券などを一つひとつ調べ、その価額を評価していく必要があります。

 

これらすべての作業を相続人の方が対処するのはなかなか難しいかと思われます。相続税の申告には期限がありますし、ミスがあってもいけませんので、税理士の利用をおすすめします。

井関孝之税理士事務所が提供する基礎知識

  • 法人税を支払うタイミング...

    企業活動を続けるには、事業の業績を伸ばし、利益を出すだけでは不十分です。適用される法律・ルールに従い、適法な運営も心掛け...

  • 相続財産の調査方法と費用...

    相続が開始されてからは、相続人の調査や遺言書の有無の調査などに併せて、相続財産の調査も行う必要があります。どのような財産...

  • 税務調査の対応

    ■税務調査とは税務調査とは、毎年行われる確定申告に対し、申告内容が正しいかどうかを税務署が調査することをいいます。税務調...

  • 親族外承継

    かつての日本では、事業承継といえば親族内承継が一般的でした。しかし、近年では景気の不安定さもあいまって、親族内で会社を引...

  • 婿養子の相続

    ■婿養子の相続する権利婿養子とは、結婚相手の両親と養子縁組をした男性のことを言います。相続するとき、婿養子の場合は、妻の...

  • 会計処理とは|作業内容の...

    事業活動を行う過程では様々なお金の流れが発生します。企業の方はこのお金の流れを正確に把握し、最終的には決算書としてまとめ...

  • 豊中市で決算申告を依頼す...

    決算申告を控えている事業主様はぜひ当事務所へ決算申告をご依頼ください。当事務所で決算申告を依頼することによって、次のよう...

  • 相続した不動産売却

    ■相続した不動産売却・相続した不動産を売却するメリット 不動産を相続した場合、不動産を相続人間で公平に分割する...

  • 不動産の相続税評価額はど...

    相続税の大きさは相続する遺産の価額によって異なります。価額の大きな遺産を引き継ぐとそれだけ大きな税金を納めることになり、...

  • 相続税とは

    ■相続とは相続とは、被相続人の死亡によって開始し、相続人が被相続人の一切の権利義務関係を承継するものです。 そ...

よく検索されるキーワード

所長税理士紹介

井関税理士の写真
所長税理士
井関孝之(いせき たかゆき)
  • 沿革
    • 平成6年2月 税理士登録
    • 平成10年11月 井関孝之税理士事務所開業
    • 平成10年11月 TKC全国会入会
  • 所属団体
    • 近畿税理士会
    • TKC全国会
    • 豊中商工会議所
    • 豊能納税協会
ご挨拶

私は平成10年に税理士事務所を開設してから今日まで、多方面の顧問先のお客様と信頼の絆を築いてまいりました。

これからも、この絆を築くことに重点を置き、お客様に満足していただけるよう努めさせていただきます。

税務、会計はもちろん他の些細なことでもお悩みごとがございましたらお気軽に当事務所までご相談下さい。

プライバシーを守り、一生懸命お客様に満足していただけるよう努めさせていただきます。

事務所概要

経営理念
  1. 「自利利他」の理念と実践
  2. 社会と調和しながら未来を創っていくこと。
  3. すべての人のために存在すること。

を経営理念として、地域の発展に貢献したいと考えています。

事務所名 井関孝之税理士事務所
所属 近畿税理士会、TKC全国会、豊中商工会議所、豊能納税協会
代表者 税理士 井関孝之
所在地 大阪府豊中市蛍池中町2-4-16
アクセス 阪急各線・能勢電鉄線で阪急宝塚線「蛍池駅」徒歩1分/大阪モノレールで「蛍池駅」徒歩1分
電話番号/FAX番号 06-4865-7028 / 06-4865-7030
営業時間 平日9時~17時(事前にご連絡頂ければ時間外も対応いたします。)
定休日 土曜・日曜・祝日(事前にご連絡頂ければ土日祝も対応いたします。)
事務所看板 井関税理士の写真

ページトップへ