06-4865-7028
対応時間
平日 9時~17時00分
定休日
土・日・祝日

生前贈与 メリット/井関孝之税理士事務所

井関孝之税理士事務所|大阪府豊中市 > 相続に関するキーワード > 生前贈与 メリット

生前贈与 メリット

  • 生前贈与を活用した相続税対策

    生前贈与とは生前贈与とは、相続税の節税対策を行うために被相続人となる方が生前に相続人や贈与したい方に財産を贈与することをいいます。生前贈与を行うメリットとして、贈与税をできるだけ非課税に近づける方法で贈与を行えば、相続税よりも低い税額で財産を贈与できることがあげられます。以下に、相続税対策としての生前贈与を行う...

  • 相続した不動産売却

    ・相続した不動産を売却するメリット 不動産を相続した場合、不動産を相続人間で公平に分割することは、相続分に応じた共有持分権の取得という形で法律上行うことはできますが、事実上難しいと考えられます。 そこで相続した不動産を売却して、その売却した不動産の価格を相続人間で分割することが考えられます。 ・相続した不動産を売...

  • 生前贈与とは

    生前贈与とは 相続は被相続人の死亡によって開始し、相続人が被相続人の一切の権利義務関係を承継するものです。 その一方で生前贈与とは、生きているうちに財産を譲るということです。 この生前贈与をうまく活用することによって相続税を節税することが可能になります。 1月1日~12月31日の1年間に一人当たり110万円以内...

  • 親族内承継

    親族内承継は、相続トラブルを誘発する可能性があるなど、デメリットがあるのです。 例えば、先代が後継者に株式等を引き継ぐ前に死亡してしまった場合、故人が持つ資産は法定相続人に法定相続分に応じて承継されてしまいます。そうなってしまうと、会社の事業用資産や株式が経営に関係のない相続人に引き継がれてしまい、経営権の掌握が...

  • 親族外承継

    従業員に事業承継をすると、業務経験やノウハウを持った人物が後継者となるため、引き継いだ後の経営に安定感が出やすいというメリットがあります。しかし、会社の株式を取得するためには多額の費用が必要となるため、従業員にとっては大きなリスクとなります。そのため、従業員への承継はあまり行われないのが実情です。 一方、第三者へ...

  • 信託

    この信託を事業承継でも用いることで、様々なメリットを享受することができます。メリットの一つ目は、後継者に経営権を確実に承継させることが出来るという点です。これにより、後継者は地位を確立することができ、事業承継を円滑に進めることができます。 メリットの二つ目は、経営の空白期間が発生しないという点です。信託契約を事前...

  • 会社設立のメリットデメリット

    以下では、会社設立するメリット・デメリットを概説していきます。 メリット①対外的な信用が高い個人事業主に比べて、法人として活動している方が、取引先や金融機関からの信用を得られやすいのが現状です。したがって、金融機関から融資を受けたり、従業員を集めたりすることも、個人事業主に比べて法人として活動している方が容易にな...

  • 電子定款

    電子定款のメリットは、なんといっても印紙代を浮かせることができる点です。すなわち、書面による定款の場合、印紙代として4万円かかるのですが、電子定款の場合はこれが不要となるのです。会社説立には多額の費用がかかることから、少しでもその費用を浮かすことができるのは大きなメリットです。 もっとも、それには注意が必要です。...

  • 会社設立を税理士に依頼するメリット

    会社設立を税理士に依頼する最大のメリットは、何といってもお客様に最適な税制対策が行えることです。 会社設立に伴う税制対策として注意しておくべき点としては、・資本金の金額で毎年の税金が変わる・課税売上額が一定額を超えると消費税の免除や簡易課税制度を利用できなくなる・役員報酬の変更には税制上の上限がある・設立時に助成...

  • 中小事業者の主な特例

    この制度は、簡易な計算方式のもと、算出された納付額を納めればよいというもので、中小事業者の税務事務の負担が軽くなるといった点で、事業者側にメリットがあります。 井関孝之税理士事務所では、法人支援に関する税務・業務を取り扱っております。豊中市、川西市、箕面市、吹田市を中心に大阪府、兵庫県、京都府でご相談を承っており...

  • 事業再編を税理士に依頼するメリット

    後者の場合には、認可等をとっていた場合、すべて取り消されてしまうため、もう一度手続きをしなければならないというデメリットがあります。 事業再編には、この方法以外にもM&Aや事業譲渡、事業承継などがあげられます。それぞれの方法にそれぞれのメリットやデメリットがあるため、どの方法が最も有効かを吟味する必要があります。...

  • 豊中市で決算申告を依頼するなら当事務所へお任せ下さい

    当事務所で決算申告を依頼することによって、次のようなメリットがあります。 ・業務の効率化を図ることが出来る決算は事業年度が終了してから2か月以内に法人税等の申告を行わなければなりません。その申告書を作成している期間も、業務は続けていかなければならないため、決算書や確定申告書の作成は業務の妨げになるケースもあります...

  • 金庫株とは

    金庫株のメリットは次のようなものがあります。 ●事業承継や相続対策になる仮に会社を経営していた経営者が死亡し、その会社の株式を経営者が持っていた場合、その株式の譲渡に相続税がかかることになります。そのため、最大で55%の相続税がかかることになりますが、この株を金庫株として買い戻すことによって、相続税の負担を減らす...

  • 事業計画書の書き方

    社内向け、社外向けを問わず、経営の方針を事業計画として形あるものにすることの最大のメリットは、他者と共有できることです。事業計画を利用していく上で誰と共有するかを念頭に置いて、複数人からの意見や感想を受けながら、経営方針について同じ将来像をいだけるような構成・表現にしていくことが求められます。 井関孝之税理士事務...

  • 豊中市にお住まいで生前贈与を考えられている方

    生前贈与は、相続税対策のため、相続が始まる前に贈与を行うことです。贈与税の税率は相続税の税率よりも高いものの、”基礎控除額”とよばれる、課税されない金額の範囲で贈与を行うことで税金対策をしていくものです。 毎年基礎控除が適用される金額の範囲内で少しずつ次の世代に資産を移動していくことは暦年贈与と言われます。これに...

  • 婿養子の相続

     婿養子が相続することにより、婿に確実に相続をさせるというメリットが存在します。このほかにも、婿養子が法定相続人となることにより、法定相続人が増え、相続の際の税負担が減少するというメリットも存在します。 婿養子の相続についてお考えの方は、気軽に井関孝之税理士事務所までご相談ください。

  • 法人化(法人成り)の手続き

    ■法人化(法人成り)するメリットとは個人事業主から法人化(法人成り)するメリットとしては、以下のようなものがあげられます。 〇節税対策になる個人事業主に対して課税される所得税における、累進課税制度の対象から外れることで、所得が増加しても増税されることを防ぐことができます。 〇有限責任にできる有限責任となることによ...

井関孝之税理士事務所が提供する基礎知識

  • 法人向けの節税対策

    法人を経営していくにあたって、法人のキャッシュを増やしていく方法の一つとして、「節税」があげられます。節税をすることによ...

  • 会計ソフト導入・運用サポ...

    まず、会社の会計は、決算の際に書面にすることが法定されているので、きちんと管理する必要があります。しかしながら、会社の業...

  • 社団・財団

    事業承継において最も問題となるのが、株式が分散するという問題です。経営者本人や後継者に株式が集中すれば問題はないのですが...

  • 吹田市の相続相談は専門家...

    相続をした場合には、相続税がかかります。この相続税は相続資産が多ければ多いほど、税率は上がっていきます。相続税の節税や対...

  • 豊中市で決算申告を依頼す...

    決算申告を控えている事業主様はぜひ当事務所へ決算申告をご依頼ください。当事務所で決算申告を依頼することによって、次のよう...

  • 相続税の時効

    ■相続税の時効相続税には原則として5年の除斥期間があります。 すなわち相続税の法定申告期間である相続開始を知っ...

  • 中小事業者の主な特例

    中小事業者が受けられる税制上の主な特例としては、①法人税率の軽減②消費税納付の免除、簡易課税制度が挙げられます。&nbs...

  • 相続人の「範囲」「順位」...

    相続人の範囲や順位、そして法定相続分に関するルールは民法で定められています。遺言書の作成や遺産分割協議により実際の遺産の...

  • 税務調査に対応する際のポ...

    納税者が申告した内容に不正がないか、脱税していないかどうかについて、国税局や税務署が確認する手続きを「税務調査」と言いま...

  • 相続税申告までの流れをわ...

    遺産が一定額以上あるとき、相続や遺贈により遺産を受け取る方は、相続税の計算と申告書の提出をしなければなりません。相続税の...

よく検索されるキーワード

所長税理士紹介

井関税理士の写真
所長税理士
井関孝之(いせき たかゆき)
  • 沿革
    • 平成6年2月 税理士登録
    • 平成10年11月 井関孝之税理士事務所開業
    • 平成10年11月 TKC全国会入会
  • 所属団体
    • 近畿税理士会
    • TKC全国会
    • 豊中商工会議所
    • 豊能納税協会
ご挨拶

私は平成10年に税理士事務所を開設してから今日まで、多方面の顧問先のお客様と信頼の絆を築いてまいりました。

これからも、この絆を築くことに重点を置き、お客様に満足していただけるよう努めさせていただきます。

税務、会計はもちろん他の些細なことでもお悩みごとがございましたらお気軽に当事務所までご相談下さい。

プライバシーを守り、一生懸命お客様に満足していただけるよう努めさせていただきます。

事務所概要

経営理念
  1. 「自利利他」の理念と実践
  2. 社会と調和しながら未来を創っていくこと。
  3. すべての人のために存在すること。

を経営理念として、地域の発展に貢献したいと考えています。

事務所名 井関孝之税理士事務所
所属 近畿税理士会、TKC全国会、豊中商工会議所、豊能納税協会
代表者 税理士 井関孝之
所在地 大阪府豊中市蛍池中町2-4-16
アクセス 阪急各線・能勢電鉄線で阪急宝塚線「蛍池駅」徒歩1分/大阪モノレールで「蛍池駅」徒歩1分
電話番号/FAX番号 06-4865-7028 / 06-4865-7030
営業時間 平日9時~17時(事前にご連絡頂ければ時間外も対応いたします。)
定休日 土曜・日曜・祝日(事前にご連絡頂ければ土日祝も対応いたします。)
事務所看板 井関税理士の写真

ページトップへ