06-4865-7028
対応時間
平日 9時~17時00分
定休日
土・日・祝日

相続税申告を税理士に依頼するメリット・デメリットを徹底解説/井関孝之税理士事務所

井関孝之税理士事務所|大阪府豊中市 > 相続 > 相続税申告を税理士に依頼するメリット・デメリットを徹底解説

相続税申告を税理士に依頼するメリット・デメリットを徹底解説

(はじめに)

故人様が亡くなって相続人に該当する場合は、遺産分割協議により財産を分けて、相続税申告を期限までに行わなければいけません。葬儀や納骨、遺産分割など手続きで肉体的に疲れ、故人様を失った悲しみで精神的に疲れます。このような場合は、相続税申告を税理士にお任せしましょう。この記事では、相続税申告を税理士に依頼するメリット・デメリットについて詳しく解説します。

 

相続税申告を税理士に依頼するメリット

まずは、相続税申告を税理士に依頼するメリットをご紹介します。

 

時間を有効に活用できる

故人様がお亡くなりになると、ご遺族は葬儀や納骨の準備、遺産分割協議などに追われます。その後に相続税申告を行わなければいけません。相続税申告には専門知識が問われ、財産評価なども行わなければならず手間がかかります。

また、相続税の申告は故人様がお亡くなりになられてから、10ヵ月以内に行うものと期限が定められており慌ただしくなるはずです。

税理士に相続税申告を依頼すれば、時間を有効に活用できて、精神的にも肉体的にも負担が少なく済みます。

 

適切な財産評価ができる

相続税申告の手続きを行う前に、相続財産を適切に評価しなければいけません。現預金であれば適切な評価ができますが、不動産など価格が定められていないものを適切に評価するのは至難の業です。しかし、相続税に強い税理士であれば、各財産を適切に評価してくれます。

 

適切な控除・特例を適用できる

相続税の計算で控除には、基礎控除や債務控除以外にも、配偶者の税額軽減や障碍者控除などの税額控除があります。また、政策的控除などの特例が定められており、適切な控除・特例を適用することで納税の負担が抑えられるケースがあります。税理士に相続税申告を依頼すれば、これらを適用して申告してくれるため、納税で損をせずに済みます。

 

二次申告まで見据えた申告ができる

相続税の二次申告(最初の相続から10年以内に相続人が亡くなった場合)には注意しなければいけません。二次申告は、一次申告(最初の相続)とは異なり控除額や特例の適用に違いがあります。また、極めて稀な相続となるため細心の注意を払う必要があります。近い将来、次の相続が予測される場合は二次申告のことも考慮した相談ができます。

 

追徴課税が回避できる

相続税申告の方法を間違えてしまうと追徴課税のペナルティが課せられます。追徴課税は相続税の10%以上課税されてしまうため気をつけなければいけません。専門知識がある税理士に相続税申告を依頼すれば、追徴課税の心配がなくなるでしょう。また、税務調査になる可能性が下げられます。

 

税務調査に対応してもらえる

相続税申告をした後に税務調査が実施される場合があります。脱税していないかを調べる調査官は理論武装してくるため、素人では適切な対応ができません。しかし、税理士に税務調査の立ち会いを依頼すれば、適切な対応をしてもらえて行政処分や追徴課税などペナルティを受けずに済みます(全ての場合においてと言うことではありません)。

 

相続税申告を税理士に依頼するデメリット

相続税申告を税理士に依頼するメリットをご紹介しましたが、税理士報酬を支払わなければいけません。税理士報酬は相続財産の総資産額の0.5%~1%程度です。相続税申告の手続きが煩雑する場合は報酬額が変動します。

 

相続税申告の依頼時によくある質問

次に、相続税申告を税理士に依頼する場合によくある質問をご紹介します。

 

Q.相続税申告に期限は定められていますか?

はい。相続税申告には期限が定められています。故人様がお亡くなりになって10ヵ月以内に相続税申告をしなければいけません。期限内に相続税申告ができなければ、追徴課税などペナルティが課せられるため気をつけてください。但し、相続税の課税価格(遺産の総額-債務・葬式費用)が基礎控除額以下となる場合は特例等の適用を受ける場合を除いて申告の必要は有りません。

 

Q.税理士に依頼した方が良いですか?

相続税申告が自分で行える場合は、税理士に依頼しなくても良いでしょう。

しかし、不動産の相続をする場合や相続財産の総額が高くなる場合は税理士に依頼しましょう。不動産を相続する場合は、正しい評価が必要です。正しい評価ができず修正申告となり追徴課税扱いとなる恐れがあります。

修正する価額により相続財産の総額が高くなる場合は、追徴課税で多額の税金を納めなくてはならなくなってしまうので気をつけましょう。

 

Q.税理士の選び方のポイントはありますか?

税理士であれば、誰に依頼しても対処や報酬が同じなわけではありません。税理士の方は得意分野と不得意分野を持っています。そのため、相続税申告の実績を豊富に持っている税理士を選ぶようにしましょう。

 

まとめ

 

今回は、相続税申告を税理士に依頼するメリット・デメリットをご紹介しました。税理士報酬を支払わなければいけませんが、適切な申告をしてもらえます。控除や特例を活用すれば、相続税の納付の負担が減らせるかもしれません。

税理士に相続税申告を依頼する恩恵が大きいです。そのため、相続税申告は専門家の税理士にご相談をしてみてください。相続税申告を専門家へ依頼することをご検討されている方は「井関孝之税理士事務所」までお気軽にご相談ください。

井関孝之税理士事務所が提供する基礎知識

  • 年末調整の計算方法につい...

    「年末調整」という用語は聞いたことがあるものの、具体的にどのように計算されているのかわからない方も多いのではないでしょう...

  • 遺留分についてわかりやす...

    遺言書を使えば遺産を相続人の手に渡さず、その他親族や友人、誰に対しても与えることができます。 しかし、亡くなった方(以後...

  • キャッシュフロー経営

    キャッシュフロー経営とは、キャッシュすなわち手持ちの現金(資金)がどれくらいあるかを重視した経営方法です。 伝...

  • 相続税における配偶者の税...

    多額の遺産を受け取ると相続税も大きくのしかかってきます。しかし夫婦間の財産の移動は、その他の人物間で起こる移転とは性質が...

  • 種類株式・金庫株

    事業承継において譲渡されるものは、会社本体というよりも株式と言った方が正確です。しかし、株式の譲渡については様々な法律に...

  • 相続税はいくらからかかる...

    相続税とは、亡くなってしまった人の財産を相続した際にかかる税金のことです。亡くなってしまった人が持っていた財産から、非課...

  • 親族外承継

    かつての日本では、事業承継といえば親族内承継が一般的でした。しかし、近年では景気の不安定さもあいまって、親族内で会社を引...

  • 法人税額の控除対象になる...

    法人の場合所得金額に応じて「法人税」が課税されますので、いかに法人税額を下げるかが実質的に使えるお金の大きさに影響を及ぼ...

  • 相続税申告までの流れをわ...

    遺産が一定額以上あるとき、相続や遺贈により遺産を受け取る方は、相続税の計算と申告書の提出をしなければなりません。相続税の...

  • 法人の決算申告で必要な書...

    法人として活動を続けていくためには、税務も適切に遂行されていなければなりません。重要なのは、決算申告により、納税の義務を...

よく検索されるキーワード

所長税理士紹介

井関税理士の写真
所長税理士
井関孝之(いせき たかゆき)
  • 沿革
    • 平成6年2月 税理士登録
    • 平成10年11月 井関孝之税理士事務所開業
    • 平成10年11月 TKC全国会入会
  • 所属団体
    • 近畿税理士会
    • TKC全国会
    • 豊中商工会議所
    • 豊能納税協会
ご挨拶

私は平成10年に税理士事務所を開設してから今日まで、多方面の顧問先のお客様と信頼の絆を築いてまいりました。

これからも、この絆を築くことに重点を置き、お客様に満足していただけるよう努めさせていただきます。

税務、会計はもちろん他の些細なことでもお悩みごとがございましたらお気軽に当事務所までご相談下さい。

プライバシーを守り、一生懸命お客様に満足していただけるよう努めさせていただきます。

事務所概要

経営理念
  1. 「自利利他」の理念と実践
  2. 社会と調和しながら未来を創っていくこと。
  3. すべての人のために存在すること。

を経営理念として、地域の発展に貢献したいと考えています。

事務所名 井関孝之税理士事務所
所属 近畿税理士会、TKC全国会、豊中商工会議所、豊能納税協会
代表者 税理士 井関孝之
所在地 大阪府豊中市蛍池中町2-4-16
アクセス 阪急各線・能勢電鉄線で阪急宝塚線「蛍池駅」徒歩1分/大阪モノレールで「蛍池駅」徒歩1分
電話番号/FAX番号 06-4865-7028 / 06-4865-7030
営業時間 平日9時~17時(事前にご連絡頂ければ時間外も対応いたします。)
定休日 土曜・日曜・祝日(事前にご連絡頂ければ土日祝も対応いたします。)
事務所看板 井関税理士の写真

ページトップへ